トップページ >お知らせ

2019年2号

2019年7月02日(火)

スマイルクリエーター

歯科衛生士 鎌仲 麻亜子

『歯周病について』

みなさまは歯磨きをしていて歯ぐきから出血してくることはありませんか?

その出血は歯ぐきが炎症を起こしているサインなのです。

ですので、そのまま放っておいたり、出血が怖くて歯磨きをおろそかにしてしまうとどんどん悪化して歯周病が進んでしまうのです。

歯周病の中にも『歯肉炎』と『歯周炎』があります。

歯肉炎とは歯ぐきが腫れたり、歯磨きでの出血など炎症が歯ぐきに限局した状態のことを言います。

歯周炎は歯肉炎が進行して歯周組織を破壊していきます。その結果、歯を支えている骨が吸収されてしまい、最終的には歯が抜け落ちてしまいます。

歯肉炎は初期段階なので軽度であれば歯磨きを気をつけてもらうだけで治ってきますが歯周炎となると歯周ポケット(歯と歯ぐきの溝)が深くなり歯磨きがとても難しくなります。

痛みなどなく進行してしまうので日々のセルフチェックが大事になってきます。

・歯ぐきが腫れている

・歯磨きをすると血が出る

・口臭が気になる

・歯がグラグラする

・歯ぐきから膿が出る

・歯ぐきがやせてきた

など気になる症状があればいつもより念入りに歯磨きをしたり、歯科医院でみてもらうことをお勧めします。

当院は矯正治療のみですので、かかりつけの医院がないという方にはご紹介もできます(^^)

歯磨きは1日3回毎食後に!

一本ずつ丁寧に磨いて健康な口腔状態を保ちましょう。

スマイルクリエーター

歯科衛生士 西山あづさ
『キシリトールについて』

みなさんキシリトールってどういうものか知っていますか?ガムやアメ、歯みがき粉などに入ってるというのは知ってるけど…何だろう…という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

と言うことで今回は、キシリトールの虫歯予防効果についておはなしします。

キシリトールとは天然の甘味料です。最初はカバノキから発見されギリシャ語から命名されたそうです。天然の甘味料なので人体にも安全です。

冷涼感があり、後味の切れが早いという特徴があります。

歯科予防先進国の北欧諸国で多く使われています。

キシリトールには虫歯予防効果があり次のような働きがあります。

  1. プラーク(歯垢)中の虫歯菌(ミュータンス菌)を減少させ、虫歯の原因となる酸を作らせない働きがあります。
  2. 甘さにより唾液をより多く出させ、唾液の働きにより虫歯になりにくい口腔内環境をつくる効果があります。

使い方としては、ガムやタブレットがあり、1日3回毎食後摂ることが効果的だと言われています。虫歯になりやすい人は、間食後と就寝前にも摂ることをお勧めします。

矯正治療中だからガムはちょっと…という方も多いと思うのでタブレットがオススメです。

そして、甘味料成分としてできるだけキシリトール量が多いものをお勧めします。

ガムやタブレットに含まれているキシリトールの比率は90%以上でなければ虫歯予防の効果はあまり期待できません。歯科専売のキシリトールガムは100% ~ 90%ですが、スーパーやコンビニで市販されているキシリトールガムは一部を除いて70% ~ 30%の物が多いです。

キシリトール以外の甘味料が入っていれば虫歯の原因になるので出来るだけ100%のものをオススメします。

そして、当院で販売してる『ホームジェル』にもキシリトールが入っています。矯正装置が着いていると虫歯の原因となるプラークが残りやすくなるのでフッ素、キシリトール、スズイオン配合のホームジェルはとてもオススメです。

但し摂取しすぎには注意で副作用としてお腹がゆるくなることがあります。

因みにイヌ科の動物がキシリトール食べてしまった場合、インシュリンの過剰分泌を引き起こし、低血糖や肝障害が起きる事があるそうです。

矯正治療中もそして治療終了後も大切な歯を守るためには、基本的には正しいブラッシングやフッ素、規則正しい生活、定期検診などです。キシリトールを使用しただけでは、虫歯予防にはつながりません。しかし、併用することで虫歯予防効果はかなり向上します。

当院では現在ホームジェル以外のキシリトール商品は取り扱っておりませんが気になることがあればいつでもスタッフに聞いてください!

 

『しのだ矯正歯科から皆様へのお願い』

ご自身でご希望されたご予約のご変更はご容赦願います。

診療ご希望日の直前では、ご予約お受けいたしかねる場合もございます。

ご予約は1か月前をお勧めいたします。

2019年1号 院内新聞 ピュアスマイルNEWS

2019年1月05日(土)

 

スマイルクリエーター

歯科衛生士 鎌仲 麻亜子

『災害時の口腔ケアについて』

昨年9月の震災では、停電や断水、余震など、不安な数日間を過ごされたと思います。

札幌近郊では比較的早い段階で復旧しましたが、今後万が一に備えて災害時に役立つ口腔ケアをご紹介します。

被害が長引いたり、避難所での生活になった場合には口腔ケアが全身の健康状態や、「命を守る」ことにも繋がります。

災害時だからこそ口腔ケアが重要なのです。

食事の偏りやストレスによる免疫力の低下、そして水不足で口腔ケアが出来ないと誤嚥性肺炎を起こす可能性が

高くなります。

1、歯ブラシがない場合。

食後にお水かお茶でしっかりうがいをしましょう。少量でも大丈夫です。

またハンカチやガーゼを指に巻いて歯を拭って汚れを落とすのも効果的です。

2、水が少ししかない時。

コップにお水を30ml程用意して、そのお水で歯ブラシを

濡らしてから歯磨きをします。

途中で何度もゆすげる余裕がないので、こまめにティッシュで拭き取りながら磨き、最後にコップのお水を2、3回に分けてよくゆすぎま

す。この時、少量ずつでもいいので1回よりは数回に分けてゆすぐ方が良いそうです。

3、唾液の自浄作用

唾液にはお口の中の汚れを洗い流す効果があります。よく噛んで食べることで唾液が出やすくなります 。昨年の震災後、ご家庭の防災

グッズを見直した方も多いかと思います。 非常食や救急用品がメインになり口腔ケア用品まではなかなか気がまわらないと思いますが、

余裕があれば歯ブラシ、コップも入れておくと良いと思います。

ちなみに水でゆすぐ必要のない長期保存用の液体歯磨き粉も出ているようなので災害時に役立ちそうです。

 

 

 

スマイルクリエーター

歯科衛生士 西山あづさ
『フッ素のはなし』

みなさんは、「フッ素」が歯を強くするということはご存じだと思います。ただ、それがなぜなのかは知らない方が多いと思います。

フッ素の本当の良さを知ってもらうことでフッ素は必要なものそしてずっと続けられる習慣になると思います。

フッ素は自然界に存在するミネラルの一種で海藻、緑茶等に含まれています。私達が普段使っているのは他の元素と結合したフッ化物です。

フッ素には主に3つの働きがあります。

①虫歯になりにくくする。

虫歯は口の中の菌が出した酸で歯が溶けることによっておこります。フッ素が歯の表面に取り込まれると酸に溶けにくい強い歯になります。

②なり始めの虫歯を元に戻す。

歯には溶けた部分を再生しようとする働きがあります。フッ素はその自己修復する力を手助けします。

③虫歯菌を弱らせる。

細菌が出す酵素の働きを邪魔し細菌の活動が弱まり酸が作られにくくなります。

当院で販売している「ホームジェル」はフッ化第一スズと言うもので特に虫歯予防に効果があります。

スズイオンが含まれているので強い殺菌力があり虫歯の原因菌を減らしてくれます。

1日2回使用しても1日の食事でとるフッ素の10分の1なので安心して使えます。またスズは体の外に排出されます。

毎日使うことで虫歯の進行を抑える確率は98%にもなります。

ただ、週に1度以下だと確率はグッと下がり34%です。

矯正治療をしていると歯磨きが難しくなり虫歯の原因菌が増えてしまいます。虫歯の治療で矯正治療を中断しなければいけない…なんていうこともあるので是非フッ素を毎日の習慣にしていただきたいです。

  

 

『しのだ矯正歯科から皆様へのお願い』

ご自身でご希望されたご予約のご変更はご容赦願います。

診療ご希望日の直前では、ご予約お受けいたしかねる場合もございます。

ご予約は1か月前をお勧めいたします。

2018年2号 院内新聞 ピュアスマイルNEWS

2018年7月02日(月)

スマイルクリエーター

歯科衛生士 鎌仲 麻亜子

『歯ブラシの種類について』

当院では様々な種類の歯ブラシをそろえています。

用途に合わせて使いやすいものを選んでいただきたいので詳しく説明したいと思います。

①タフト24

一般的なフラットタイプの3列歯ブラシです。

コンパクトなヘッドなので奥歯にも届きやすいです。

毛の硬さは丁度いいミディアムソフトで歯茎を傷つける心配もないですし、耐久性があるので長持ちします。

②インターブレイス

矯正用の山型ヘッドの歯ブラシです。

ブラケットやワイヤー周りなどの磨きづらい部位にピタッとフィットし、自然な角度で磨くことができます。

現在治療中の方にとても人気な歯ブラシですので使ったことのない方は是非一度使ってみてください。

③オーソワン

矯正用のワンタフトブラシです。

毛束も柄も細いのでブラケット周りや、奥の磨きづらい所によく届きます。

普通の歯ブラシで磨いた後に仕上げとしてブラケット周りや心配な所にあててもらえるととてもキレイに磨けます!

この歯ブラシは「磨く」というより「こする」という感じの方が汚れが落ちやすいです。

矯正が終わって保定中の方もリテーナーの周りは汚れが残りやすいのでオススメです。

④舌ブラシ『舌苔トル』

舌専用のブラシです。

口臭などの原因となる舌苔は、専用の器具を使うとキレイにとれます。

奥から手前へ軽くこするようにして使います。

気になる方は受付でお尋ねください。

最後に。市販のものも含めていろいろな歯ブラシがありますが、基本的には毎食後しっかりキレイに磨くことが1番大切です。時間がかかって大変ですが、キレイな歯、歯肉で終了できるように頑張りましょう!

 

 

                                                                      

スマイルクリエーター

歯科衛生士 西山あづさ
おすすめの場所

今回は最近行った所でオススメの場所を紹介したいと思います。

まずは、石狩市にある「わがまま農園カフェ」というところです。SNS上で話題になっていると言うのを聞いて行ってきました。石狩のなかでもかなり田舎にあり畑の中にポツンとあるので最初は場所が分からず通りすぎてしまいました。オープン前だったのにすでに沢山並んでいる人が!さすが話題になってるだけあります。

実際にカフェのオーナーさんが農 園を営んでいてそこで採れた野菜やご近所の農家さんが育てた野菜などで作る料理が食べられます。

事前のリサーチによるとサラダボウルランチが人気らしくそれを食べるつもりで行きました。が、実際行ってみると4種類位のランチメニューがあり目移りしてしまい魚料理にしました。

ただ、それでもメインの料理に付いてくるサラダの量もかなり凄くてビックリ!しました。

彩りも綺麗で尚且つとても美味しかったです。

定期的にメニューが変わるらしいので次に行くのが楽しみです。

そして、もう一件は札幌南区にある焼き芋専門店です。

何種類かの石焼き芋を作って売っていました。私が行った時には4~5種類の芋があり、聞いたことある種類のもあれば初めて聞いた物もあり私は自分と同じ名前の西山金時というのにしました。

少々お値段は高めですがかなり大きくとても美味しかったので大満足でした。

夏には焼き芋のソフトクリームも食べられるみたいなのでこれも食べてみたいです。

『しのだ矯正歯科から皆様へのお願い』

ご自身でご希望されたご予約のご変更はご容赦願います。

診療ご希望日の直前では、ご予約お受けいたしかねる場合もございます。

ご予約は1か月前をお勧めいたします。

2018年 1号 院内新聞 ピュアスマイルNEWS

2017年12月29日(金)

スマイルクリエーター

歯科衛生士 鎌仲 麻亜子

治療経過について

今回は、無事キレイな歯並びを手に入れ、今は保定期間中のある患者さんの治療中の経過についてお伝えしたいと思います。

この患者さん(以下Aさんとします)はもともと空隙歯列、いわゆる『すきっ歯』を気にして治療を開始しました。

Aさんは装置をつけた日から毎月ほぼ正確に一ヶ月おきに来院してくれました。

やはり期間があきすぎてしまったり変更が続いてしまうとその分治療が遅れてしまいますので出来るだけ一ヶ月おきに、そして早めのご予約をおすすめしております!

次にブラッシングについて。

Aさんはほぼ毎回、矯正用の歯ブラシを購入されていました。矯正中はとても磨きづらくなるので普段よりも時間がかかったり気をつけて磨くため、どうしてもブラシの毛先が広がりやすく、すぐダメになってしまいやすいのです。

例えば、すごく時間をかけて頑張って磨いてたはずなのにチェックすると磨き残しだらけ…こういう方は毛先がボサボサになってることが多いです。

これだといくら頑張っても汚れはとれません。むしろ歯ぐきを傷つけてしまいますので、たまにチェックしてみてくださいね!ちなみにAさんは定期的にホームジェル(フッ素)を購入されてしっかり使っていたため1本もむし歯になることなく治療を終了できました!

現在は三ヶ月おきに検診で来院されていますが、とても良い口腔状態を維持されています。

処置をするのは先生ですが、患者さん自身の協力度(歯磨きやゴムかけなど)によっても終了時の満足度は変わってくると思います。

装置をはずす時に、歯並びはキレイなのに歯ぐきは腫れてボコボコ、歯はむし歯で穴があいてる…状態だと本当にもったいないです。なので月一回の治療以外でも自宅での管理を気をつけて、ベストな状態で終了出来るように一緒に頑張りましょう♪

 

 

 

スマイルクリエーター

歯科衛生士 西山あづさ
歯磨きの大切さ

私がしのだ矯正歯科で勤務して1年半程が経ちました。

そのなかで矯正治療を開始した方や終了した方々をみてきました。

治療を始めたばかりの方は矯正装置が付いたことで歯磨きがしにくくなり磨き残しができやすくなっている様に思いました。

当院では、赤く染めだしてから歯磨きをしてもらっていますが、15分程時間を確保しています。しかし、普段から磨き残しが多い方はかなり時間がかかり15分磨いてもらっても全てはキレイに取りきれていません。普段からしっかり時間をかけて磨く事がとても重要です!

磨き残しができれば虫歯になりますし、歯肉が腫れてしまいます。

場合によっては矯正治療を中断しなければいけなくなります。

歯磨きは毎日の事なので15分は必ず磨くことを習慣にしていただきたいです。

治療をスムーズに終えた方は、約1カ月に1回通院し磨き残しがなく普段からもキレイに磨けているのが歯肉状態や汚れのつき方で分かりました。

そして、歯ブラシも普通の物だけでなくワンタフトを使ったり歯間ブラシを使ったりしている方が多い様に思いました。

鏡を使っているという方も多かったです。

虫歯治療による中断がなくなれば矯正治療もスムーズに進むと思います。

自分のお口をよく観察することもとても大切な事だと思います。

皆さんも大変だと思いますが頑張ってみてください!

 

『しのだ矯正歯科から皆様へのお願い』

ご自身でご希望されたご予約のご変更はご容赦願います。

診療ご希望日の直前では、ご予約お受けいたしかねる場合もございます。

ご予約は1か月前をお勧めいたします。

2017年2号 院内新聞 ピュアスマイルNEWS

2017年6月30日(金)

スマイルクリエーター

歯科衛生士 鎌仲 麻亜子

『綺麗な歯並びになるために』

矯正中はいろいろと大変なことが多いですがみなさまの治療がスムーズに、出来るだけ早く装置をはずせるように矯正中の注意点を改めてご説明します!

治療が始まったばかりだとわからなかったり、治療が進むにつれて忘れてしまいがちなことなので気をつけていただきたいです!

①歯磨き

装置がついていない人に比べて虫歯、歯周病のリスクがかなり高くなります!

毎日、丁寧なブラッシングをお願いします。

治療が終了しても歯茎が腫れていたり虫歯になっているともったいないです…(>_<)

②食事

基本的には何を食べても問題ありませんが、固いものやキャラメルのような物は装置が壊れる原因になります。

気をつけていても取れてしまうことがありますのでその場合は早めにご連絡をお願い

します!取れたものは忘れずに持って来てください☆

③ゴムかけ

ご自宅で取り外しのゴムを使ってもらうことがあります。食事と歯磨きの時以外はずーっと付けていて下さい。

お仕事中や外出時など難しい時もあるかと思いますがゴムかけは使う時間が長いほど歯が動き、きれいな歯並びに近づきます!

④リテーナーについて

これは治療が終わって保定期間の方へ。

リテーナーが壊れたり外れてる状態で放置すると後戻りの原因になります。

特に治療が終わってすぐはまだ安定していなく動きやすいので要注意です!

⑤通院について

治療中は基本的に1ヶ月おきに処置が必要になります。前後1週間くらいであればズレても問題ありませんが、何ヶ月もあいてしまったりキャンセルが続いてしまったり

…となると全く治療が進まなくなってしまいます。

お仕事が忙しかったり遠方からの方は難しいこともあると思いますがなるべく頑張って通っていただきたいです☆

他に心配なことや気になることがありましたら気軽に相談してください!

ステキな歯並びになるように一緒に頑張りましょう♩

 

 

 

スマイルクリエーター

歯科衛生士 西山あづさ

歯磨きの大切さ

赤く染め出し歯磨きをしてからお口の中をチェックすると

「一番奥歯のうしろ側」「歯茎の近く」に磨き残しが多く見られます。

皆さんの中にも「私もそこを指摘された!」という方もいらっしゃると思います。

この部分は装置がついていない方でも汚れが残りやすいところです。

更に装置がついてると磨きにくくなるので要注意です。

磨き方としては…

奥歯のうしろ側はブラシを奥まで突っ込んでブラシの毛先がしっかり当たるように、又は先が筆状になったブラシの毛先で磨いてください。

因みに上の歯の奥を磨くときはお口をあまり大きく開けない方がブラシがうしろまでとどきやすくなります。

そして、歯茎の近くの汚れを取るときはブラシの毛先で歯茎も一緒に磨くようにしてみてください!

その時「歯茎から血が出る」「痛みがある」という方は長い間汚れが残っていた可能性大です。

「血が出る」から、「痛い」からと言ってしっかり磨かないと症状は更に悪化して歯肉炎や歯周病になってしまいます。

さらに虫歯予防のために毎日ホームジェルを使って頂ければ完璧です!

みなさん。そもそも、赤く染まったところは何なのか分かりますか?

赤くなった物の正体は、歯垢(プラーク)といって『細菌の塊』です!

なんとこの細菌の塊1㎎中には10億!!!もの菌がいると言われています。

この細菌の塊は、歯にベッタリとくっつき口をゆすいだ位では落ちません。

つまり歯ブラシで擦らない限り細菌の塊は歯にベッタリとくっついたままなのです!

この細菌の塊は、虫歯や歯周病の原因になりそれが悪化すれば歯を失います。

一度失った歯は戻ってきません。少しでも歯磨きの大切さ、磨き残しの怖さを知って頂けたらと思います。

 

『しのだ矯正歯科から皆様へのお願い』

ご自身でご希望されたご予約のご変更はご容赦願います。

診療ご希望日の直前では、ご予約お受けいたしかねる場合もございます。

ご予約は1か月前をお勧めいたします。

 

 

ページトップへ