症例集

トップページ > 症例一覧 > 上顎前突(出っ歯)> 出っ歯ケース5

上顎前突

前歯がかみ合わず顎に負担がかかる

上顎前突症例 9歳で小学校4年生の男の子

『前歯がかみ合っていなくて、顎に負担がかかり心配』とお母様と来院されました。

上の前歯を後ろに下げる

上の前歯を後ろに下げるために、上の前歯に部分的に銀色の装置(お母様が希望されて)を付けました。

矯正装置をつける

12歳時です。永久歯に生えかわったので、すべての歯に装置を付けて仕上げの治療を開始しました。ヘッドギヤーにより、この時点ですでに出っ歯はかなり改善しています。

治療終了 保定装置

14歳時、治療終了しました。治療期間は1年7ヶ月でした。歯の裏側には元の歯並びに戻らないように細いワイヤーの保定装置を装着して、3ヶ月に1回通院して定期検診を受けていただいております。本来は小臼歯を4本抜歯して治療すべき症例でしたが、抜歯することに対してお母様の同意を得られませんでした。歯並びはきれいになり全ての歯がかみ合わせに参加していますが、口元はあまりよく治っていません。もし小臼歯を4本抜歯することに同意されれば、口元は劇的に改善されるでしょう。

歯並びの状態

治療終了後1年4ヶ月経過時です。歯並びはきれいな状態を維持しています。

ページトップへ