症例集

トップページ > 症例一覧 > 上顎前突(出っ歯)> 出っ歯ケース3

上顎前突

上の前歯がはみ出して見える

上顎前突症例 9歳の男の子

『上の前歯がはみ出して見えるのが気になる』とお母様に連れられて来院されました。

治療経過 抜歯

自分で取り外し可能なヘッドギヤーを1年1ヶ月使用して、奥歯の関係を整えました。続いて連続抜歯により、上下左右の第一小臼歯を4本抜歯しました。奥歯の生えかわりとともに抜歯した隙間が装置を付けることなくかなり閉じてきました。

透明な装置で仕上げ

11歳時です。透明な装置を付けて、仕上げの治療を開始しました。

裏側に保定装置

治療終了後1年1ヶ月経過時です。治療期間は1年10ヶ月でした。治療終了後、歯の裏側には元の歯並びに戻らないように細いワイヤーの保定装置を装着して、3ヶ月に1回通院して定期検診を受けていただいております。『前歯が後ろに下がり、口も閉じやすくなったようです』とお母様がおっしゃっていました。

ページトップへ