症例集

トップページ > 症例一覧 > 上顎前突(出っ歯)> 出っ歯ケース2

上顎前突

口が閉じづらく、歯並びが気になる

上顎前突症例 21歳女性

『口が閉じずらくデコボコな歯並びが気になる』と来院されました。

出っ歯 抜歯

出っ歯とデコボコを治すための隙間を確保する目的で、左上の第一小臼歯と右上の第二小臼歯、下の左右第二小臼歯を抜歯しました。右上の第二小臼歯は根の状態が悪いため第一小臼歯の代わりに抜歯しました。歯の表側に透明な装置を装着し、治療しました。上の奥歯が前にずれるのを防ぐ目的で、就寝時にヘッドギヤーを使用していただきました。

治療終了 保定装置

治療終了後1年9ヶ月経過時です。治療期間は3年1ヶ月でした。 治療終了後、歯の裏側には元の歯並びに戻らないように細いワイヤーの保定装置を装着して、3ヶ月に1回通院して定期検診をうけていただいております。デコボコだった歯並びは『きれいになり、口も閉じやすくなりました』と満足されたご様子でした。

ページトップへ