症例集

トップページ > 症例一覧 > 外科的矯正(手術を併用した矯正治療)> 外科的矯正ケース7

外科的矯正、手術を併用した矯正治療

笑った時に歯茎が見えるのがイヤ

24歳で会社員の女性の症例

『笑った時に歯茎が見えるのがイヤなんです。歯並びをきれいにして、口もとをスッキリしたいんです。』と来院されました。歯茎を見えなくして口もとのラインを整えるためには、通常の矯正治療だけでは難しいので、手術を併用した外科的矯正治療をおこなうことになりました。

抜歯後の治療

デコボコを治す隙間を確保するために上下左右の小臼歯を各1本(合計4本)抜歯して、透明な装置を付けて手術前矯正治療を開始しました。 手術前矯正治療の期間は2年6か月でした。その後、上下の顎の骨を移動してかみ合わせを整える手術を行いました。

保定期間

治療終了時です。 (手術後4ヶ月)『歯茎も見えなくなり、口もともスッキリしました。歯並びもきれいでとっても気に入ってます。』と喜んでいただきました。歯の裏側には元の歯並びに戻らないように細いワイヤーの保定装置を装着して、3ヶ月に1回通院して定期検診を受けていただいております。

ページトップへ