症例集

トップページ > 症例一覧 > 舌側矯正(見えない矯正) > 舌側矯正ケース5

見栄えが悪く、歯磨きしづらい

24歳で会社員の女性の症例

『デコボコの歯並びが見栄えが悪く、歯磨きがしずらい』と言って来院されました。会社の仕事がら上は見えない装置を希望されたので舌側矯正とし、下は透明な装置を表側に付けることにしました。

ヘッドギヤー着用

デコボコを治すための隙間を確保する目的で、上下左右第一小臼歯を4本抜歯して治療を開始しました。上の奥歯が前にずれるのを防ぐ目的で、就寝時にヘッドギヤーを併用していただきました。

隙間を閉じる段階

治療開始後1年経過時です。上下ともにデコボコは整い、抜歯した隙間を閉じようとしています。

治療後

治療終了後1年4ヶ月経過時です。治療期間は3年5ヶ月でした。歯の裏側には元の歯並びに戻らないように細いワイヤーの保定装置を装着して、3ヶ月に1回通院して定期検診を受けていただいております。 気になっていた『デコボコがとってもキレイな歯並びになりうれしいです』と喜んでいただきました。

ページトップへ