症例集

トップページ > 症例一覧 > 舌側矯正(見えない矯正) > 舌側矯正ケース2

裏側矯正

歯並びがデコボコなのが気になる

22歳会社員の女性の症例

『歯並びがデコボコなのが気になる』と来院されました。 受け口の傾向があるデコボコの症例です。下唇の方が、上唇より多少、前に出ている感じがあります。

治療開始時

上下左右第一小臼歯を4本抜歯して、上は裏側、下は表側に装置を装着して治療開始しました。

隙間の閉鎖

治療開始後1年です。デコボコは整ってきたので、上下ともに歯並びの隙間を閉鎖中。下の前歯を後ろに下げるために、輪ゴムの使用をお願いしました。

保定期間

治療終了時(治療開始後2年7ヶ月)です。治療後は、気になっていたデコボコの歯並びがきれいになりました。受け口の傾向は改善され、上唇が下唇より、前に出て、しっかりと咬んでいます。上の装置を裏側にしたことで、他の人に装置を見られることはありませんでした。下の装置を表側にしたことで舌の空間が確保されて、すぐに装置に慣れました。輪ゴムの使用がもっとできていれば、治療期間があと数ヶ月、短縮可能でした。

ページトップへ