症例集

トップページ > 症例一覧 > 反対咬合(受け口) > 受け口ケース6

反対咬合、受け口

見た目が悪く発音しづらくて困る

28歳で公務員の女性の症例

『前歯のかみ合わせが逆でデコボコなので、見た目が悪く発音しづらくて困るので治したい』と来院されました。上顎と下顎の骨の関係がずれていることが原因で前歯のかみあわせが逆になっていましたが、自分で顎を後ろに引いて噛むとかろうじて前歯があたりました。このように上下の顎の骨の関係がずれているためにかみ合わせが逆でも、自分で顎を後ろに引いて前歯が当てられる場合には、必ずしも手術を受けなくても多くの場合矯正治療だけで治すことが可能です。

前歯を後ろに下げるための隙間を確保

前歯のかみ合わせを治すために右下の第一大臼歯と左下の第二大臼歯を抜歯して、下の前歯を後ろに下げるための隙間を確保しました。小臼歯ではなく大臼歯を抜歯したのは、大臼歯の根の状態が良くなかったためです。左上の第一大臼歯が欠損してブリッジが入っていたので、これを切断しました。透明な装置を付けて、治療を行いました。

親不知を噛み合わせに参加させて終了

治療終了後1年10ヶ月経過時時です。治療期間は3年3ヶ月でした。治療終了後、歯の裏側には元の歯並びに戻らないように細いワイヤーの保定装置を装着して、3ヶ月に1回通院して定期検診を受けていただいております。下の左右親知らずが、かみ合わせに参加しております。かなりひどい受け口とデコボコでしたが、手術をすることなく口元も歯並びもよくなりました。『キレイになって、しゃべりやすくなりました、矯正してよかったです』と満足そうでした。

ページトップへ