症例集

トップページ > 症例一覧 > 反対咬合(受け口) > 受け口ケース5

反対咬合、受け口

反対咬合で将来が心配

7歳で小学2年の男の子の症例

『自分も反対咬合でこの子も反対咬合で将来が心配なんです』とおっしゃるお母様に連れられて来院されました。

重症な受け口

かなり重症の反対咬合で、上顎と下顎の骨の関係に大きなずれがありました。このまま放置すると、将来手術をしなければ治せなくなる危険性がありました。そこで、上顎前方牽引装置で上顎の骨を前に引っ張って、上下の顎の骨の関係を成長を利用して治すことにしました。

治療終了

11歳時、治療後です。治療期間は2年1ヶ月でした。前歯のかみ合わせは普通のかみ合わせになり、下唇の出っ張りもとれました。お母様が『とっても良くなりました』と喜んでくれました。この後、成長とともに下顎が伸びてくるので、元の反対のかみ合わせに戻らないように注意深い定期検診が必要です。

ページトップへ