症例集

トップページ > 症例一覧 > 舌側矯正(見えない矯正) > 舌側矯正ケース3

裏側矯正

上の前歯が前に出ているのが気になる

裏側矯正症例1

『上の前歯が前に出ていて、デコボコなのが気になります』と言って来院されました。『矯正装置が見えるのはいやです、見えない装置を使ってください』と言うご希望があり、上の歯並びは裏側に装置を付ける舌側矯正治療を行うことになりました。

治療経過

上の前歯を後ろに下げる隙間を確保する目的で、上の左右第一小臼歯を2本抜歯して舌側矯正装置を装着しました。下は前歯が生まれつき2本少ないので小臼歯を抜歯することなく、透明な装置を歯の表側に付けて治療を行いました。下の装置は下唇が覆い隠すので見えません。上の奥歯が前にずれることを防ぐ目的で、自分で取り外し可能なヘッドギヤーと言う装置を就寝時に併用していただきました。

抜歯した隙間が閉じている様子

治療開始後1年7ヶ月経過時です。治療も進んで、上の歯並びは抜歯した隙間もかなり閉じてきました。

保定期間

治療終了後1年経過時です。治療期間は2年10ヶ月でした。歯の裏側には元の歯並びに戻らないように細いワイヤーの保定装置を装着して、3ヶ月に1回通院して定期検診を受けていただいています。気になっていた上の前歯やデコボコもキレイに並んで、口元もすっきりしてとってもすてきな笑顔になりました。先日の定期検診の際には大学生になっており、『これも先生のおかげです』とキレイになった歯並びに満足されているようでした。

ページトップへ