症例集

トップページ > 症例一覧 > 埋伏歯・親不知

埋伏歯、親不知

左の上の前歯が2本出てこない

11歳で小学5年生の男の子の症例

『左の上の前歯が2本出てこない』とご両親に連れられて来院されました。C-T検査をしたところ、左上の側切歯と犬歯が骨の中に埋まっていますが、矯正治療で引っ張り出せることがわかりました。

手術後に矯正治療

12歳時です。上下の6歳臼歯(第一大臼歯)の関係がずれていたので、自分で取り外し可能なヘッドギヤーを自宅で使ってもらうことにしました。某大学病院口腔外科で、埋まっている歯に矯正装置を付けるための手術(開窓術)を受けました。手術後に全ての歯の表側に透明な装置を付けて矯正治療を開始しました。デコボコと出っ歯を治すための隙間を確保する目的で、上の左右第一小臼歯と右下の第一小臼歯、左下の第二小臼歯を抜歯しました。

治療期間が通常よりも長引く結果に

16歳時です。治療終了後1年1ヵ月経過時です。治療期間は3年8ヶ月でした。治療に対する協力度が低いために、治療期間が通常よりも長引いてしまいました。元の歯並びに戻らないように歯の裏側に細いワイヤーの保定装置をつけて、3ヶ月に1回通院して定期検診を受けていただいております。埋まっていた歯も出てきてきれいな歯並びになり、全ての歯がかみ合わせに参加しています。『これでブリッジや入れ歯を入れずに一生自分の歯で噛むことが出来てよかったです』とお母様は大喜びでした。

ページトップへ