症例集

トップページ > 症例一覧 > 先天性欠如 > 先天性欠如ケース4

先天性欠如

右上の犬歯が生まれつき存在しない

24歳で公務員の男性の症例

『デコボコで歯磨きがしずらいコトと、体に悪い影響があるのではと心配です』と来院されました。右上の犬歯が生まれつき存在しません(先天性欠如)。

犬歯が存在しない場合

デコボコを治すために、左は上下の第一小臼歯を抜歯することにしました。右下は第一小臼歯を抜歯し、右上は犬歯が存在しないので抜歯しませんでした。透明な装置を付けて治療開始しました。

治療開始1年経過

治療開始後1年経過時です。デコボコがきれいに並び、抜歯した隙間も閉じてきました。

保定装置を使用

治療後1年3ヶ月経過時です。治療期間は1年10ヶ月でした。歯の裏側に細いワイヤー(保定装置)をつけて元の歯並びに戻らないように、3ヶ月に1回通院して定期検診を受けていただいております。すべての歯がかみ合わせに参加しているので、初診時に心配されていたデコボコによる体への悪影響もなくなりました。右上の犬歯が存在しないので、第一小臼歯を犬歯の代わりとして使っています。

ページトップへ