症例集

トップページ > 症例一覧 > 外科的矯正(手術を併用した矯正治療)> 外科的矯正ケース2

外科的矯正、手術を併用した矯正治療

顎が出ている感じがするのがイヤ

19歳で大学1年生の女性

『前歯のかみ合わせが逆で、顎が出ている感じがするのがイヤです』と来院されました。下顎が大きいために、上顎と下顎の関係がずれていました。矯正治療だけでもかみ合わせは治せますが、顎の出た感じは手術を受けなければ治せないので外科的矯正治療を行うことにしました。

抜歯で隙間確保

上の左右第一小臼歯を2本抜歯して、上のデコボコを治すための隙間を確保しました。下の歯並びは、歯並び全体を拡大してデコボコを治すための隙間を確保できるので抜歯していません。透明な装置を付けて術前矯正治療を開始しました。

術前の様子

手術直前です。術前矯正治療の期間は、1年6ヶ月でした。デコボコはきれいに並びましたが、前歯のかみ合わせはこの時点ではまだ逆のままです。

保定期間

治療後1年1ヶ月経過時です。術後矯正治療の期間は1年で、術前術後矯正治療期間は2年6ヶ月でした。歯の裏側には元の歯並びに戻らないように細いワイヤーの保定装置を装着して、3ヶ月に1回通院して定期検診を受けていただいております。歯並びも口元もキレイな女子大生になりました。『顎が出ている感じがしなくなりました』と満足されたようでした。

ページトップへ